【世界一受けたい授業】慢性腎臓病の予防定食!塩水おにぎりと減塩玉ねぎサラダ

4月23日の『世界一受けたい授業』(日本テレビ)1時限目の「保健体育」では、今や日本人の8人に1人が患っているという新たな国民病「CKD」(慢性腎臓病)が取り上げられました。

放っておくと突然死も招きかねないCKDとは何か?
そしてその予防法は?

東京慈恵会医科大学 腎臓・高血圧外科教授・横尾 隆 先生の講義よりご紹介します。

慢性腎臓病(CKD)とは

一度発症すると回復しないといわれる慢性腎臓病です。
進行すると週3回4時間の人工透析が必要となるため、早目の治療、そして予防が必要です。
年間6,000人ずつも患者は増え続け、今や国民生活病ともいえます。

日本人の死亡原因トップ10

1位 悪性新生物(がんなど)
2位 心疾患
3位 肺炎
4位 脳血管疾患
5位 老衰
6位 不慮の事故
7位 腎不全
8位 自殺
9位 大動脈瘤及び解離
10位 慢性閉塞性肺疾患

なんと、この中の7つは慢性腎臓病が原因で発症する可能性のある病気です。

毎日約150Lの血液をろ過するのが腎臓の役目です。
その機能が衰えると・・・

老廃物が取り除かれず
全身に悪い血液が流れ

結果として様々な疾患を引き起こします。

しかし慢性腎臓病はほとんど痛みがでないのが特徴で発症に気づきにくく、放置したままにしておくと手遅れになってしまいます。

それでは早目に気づくためにはどうすればよいのでしょうか。

Sponsored Link

自分でわかる腎機能低下の見分け方

排尿をチェック!

シャボン玉のような大きくふんわりした泡、これが10~20秒しても消えなければ要注意です。
本来ろ過されるはずのタンパク質が尿に多く含まれこのような泡が出ます。

このような泡が出たら慢性腎臓病を疑い病院に行って検査を受けましょう。

ただ、尿たんぱくが少ないと泡では区別がつかないこともあります。
おかしいと思ったら泡が少なくても検査を受けましょう。

足のむくみをチェック!

慢性腎臓病の疑いがある人は寝起きにも関わらず足がむくんでいます。

体の水分が尿として排泄できず、むくみとなるのです。

◆むくみの簡単な見分け方
足の骨の上を10秒押す⇒ヘコミができてなかなか戻らなければむくみ

ひどいむくみになると、たった3~4日で10kgも体重が増加することもあるそうです。

慢性腎臓病にかかりやすい人

Sponsored Link

慢性腎臓病は生活習慣病と関係しています。
太り過ぎだけでなく痩せすぎの人もかかりやすいと言われています。

もっともかかりにくいタイプは
少しぽっちゃり型のBMI*が25以上30未満 肥満度1のタイプです。
[*BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))]

また子供の頃からの食生活も大切です。
子供の頃からの食生活が腎臓に負担をかけるものだと、成人になって腎臓病になる確立が高まるそうです。
腎臓に負担をかける食事とはずばり
塩分の多い食事です。

大人だけでなく子供の食事にも塩分には気をつけないと、将来的に可哀想な将来をつくってしまうようです。

慢性腎臓病の予防となる食事

厚生労働省の報告によると
1日の塩分摂取量の目安は=男性8g / 女性7g
といわれています。

これに対して日本人の平均の塩分量は12.3gと1.5倍以上も摂取しています。

塩分自体が腎臓に負担をかけるので、慢性腎臓病の予防には塩分を減らした食事をとる必要があります。

横尾先生オススメの慢性腎臓病の予防定食
腎臓病に良いとされる食材を使い、減塩の工夫をしてあります。

●海老のビスクスープ(1人前塩分:0.5g)

ckd-food2
海老の頭や殻などからダシを取って濃厚な味をだし、塩分を減らします。
また、海老は尿をきれいにするカロテノイドを多く含む良い食材です。

●ナスの炒め物(1人前塩分:0.5g)

ckd-food3
カレー粉を使って味にインパクトをつけ塩を減らします。
ナスは腎臓の老化を遅らせるアンドシアニンを多く含みます。

●玄米おにぎり(1人前塩分:0.1g)

ckd-food1
手に塩をつけて握らず、手につけるのと同量の塩を水に溶かした塩水で握ります。
味覚を感じる舌は、舌全体で味わった方が濃く感じるため、塩水にしたものを全体につけた方が効果的なのだそうです。
普通のおにぎりだと塩を2~3gつけますが、塩水のおにぎりだと0.1gしか使いません。
(この塩水は100mlの水に10gの塩を溶いて作ります)

●玉ねぎサラダ(一人前塩分:1.5g)
辛味と酸味でドレッシングの塩を減らしています。

ckd-food4

減塩ドレッシング
唐辛子・・・・・・・適量
おろしニンニク・・・小さじ1/2
ゴマ油・・・・・・・小さじ1
ポン酢・・・・・・・大さじ1

以上、『世界一受けたい授業』からCKD(慢性腎臓病)の見分け方や予防法等お伝えしました。
何よりも大切なのは減塩ですね。
減塩定食がスタジオでは「味が濃厚」「塩味は十分感じられる」と好評でした。
是非みなさんもお試しください。

Sponsored Link

このページの先頭へ