街中のお肌チェックにのってみた!その後に待ち受けるものとは?

よく街中で
「あなたのお肌をチェックしてみませんか」
と声をかけている方々がいますね。

ショッピングモールや駅ビルなどでよく見かけるアレです。

公民館にありそうな長机と折りたたみ椅子、その上にはパソコンのモニターを置き、人を集めているアレです。

自分の肌に興味はあっても「何を売られるのだろう」との警戒心から足早に通り過ぎた経験のある方も多いのではないでしょうか。

筆者もその一人です。

そもそも肌に自信がなく、絶好の餌食になるのがわかっている為
「お肌チェックしてみませんか」

「はい、お願いします」
とは絶対に言えないと思っていました。

ところがところが・・・
きのうの精神状態は少しいつもと違っていました。

そう、怖い物見たさから好奇心がふつふつと沸いてきたのです!
私の肌ってどうなの?
この後にどういうセールスを仕掛けてくるの?

もう今日はいくしかない!

「はい、お願いします!」
気づいたらモニターの前に座っていました。

Sponsored Link

さあ、ここからが勝負です。

「無料ですよね」

これだけは最初に確認しておき、まな板の上の鯉です。
でも絶対に包丁は入れさせない覚悟のもとにいよいよスタート。

まず、腕の内側(手首の裏側)の肌からチェックします。

「わーすっごくきれい。赤ちゃんの肌みたいね」
画面を見て美容部員はほめまくり。
うんと持ち上げて良い気分にさせてくれます。

それもそのはず、腕の裏側というのは日光に当たりにくく、肌へのダメージが少ないのです。
年数が経ってもそんなにキメが壊れるはずはありません。

そして次に首です。

モニター画面に映し出された肌は明らかに腕とは違います。
でもまだ許容範囲???

そしていよいよ本日のメインイベント!
頬(ほっぺ)です。

Sponsored Link

「あら、ちょっと残念ね~」

最初に良い肌を見せ、順に質を落としていくあたり、さすが!!

自分では想像していたほど悪くはないと思ったのですが、そこはセールスレディーの腕の見せ所です。

「乾燥でキメが乱れ、毛穴には汚れが詰まっているから、まずはマッサージで肌を柔らかくしなきゃ」
「毛穴を開かせ、そのあとパックで完璧ケアをすれば、あなたの肌も必ず若返るから」
「それでね。是非ためしてほしいのが・・」

いよいよですよ。
いよいよ。
さあ何がでてくるのか。
わくわくドキドキお楽しみ!

「シ●●●のサロンで今1.500円でトライアルができるの」

これか~!!!!!
これだったのね!!!!!

答を見つけた嬉しさに浸っていられたのも束の間。
次はセールス攻勢に攻防しなくてはなりません。

「今すぐ予約だけでも入れておいて! 1,500円で本当にきれいになるから!」

(「そのあと高い化粧品を売るんでしょ」の言葉はぐっとこらえて)
「予定が家に帰らないとわからないから」
という私に

「今すぐ予約だけでもしておいて。変更はいつでもできるから」
と相手も頑張ります。

「この化粧品も1本無料でもらえるから、是非行ってみて!」
と手になにやら良さげなクリームを塗ってくれました。

確かにしっとりします。

この写真がその時もらったサンプルです。

facial-cream

確かにきれいにはなるんだろうなと後ろ髪をひかれつつ、ここはきっぱり断ります。

「一旦入れた予約を変更するのは、あまり好きじゃないので家に帰ってから電話します」
というと結構あっさり諦めてくれましたよ。

「じゃあ、予約を入れる時は私の名前を出してね。ちゃんと言っておくから」
と店の地図の入ったトライアルプランのチラシに彼女の名前と4ケタの数字(IDナンバー?)を書き込んで渡されました。

「よろしくね」
「はい、ありがとうございました」

これが昨日の肌チェックの一部始終です。
お肌チェックのサービスでサロンの集客を行い、そこで化粧品のリピーターを作るという戦略だったのです。

サロンを予約すれば、きっとその後も高い化粧品と長く付き合う羽目になったのでしょうね。
自分はそこまで美容にお金をかけられないのでお断りしましたが、どんなにお金を払っても綺麗になりたい人はサロンに通うというのも優雅でよいかもしれません。

ただ私のように好奇心だけの方は、その後のセールスを断る自信がなければ肌チェックの誘惑に負けて椅子に座ることのないようにお気をつけ下さいね。

(シ●●●さんの名誉の為にも、頂いたサンプルの使用感が良かったことだけはお伝えしておきます^^)

Sponsored Link

このページの先頭へ