バタコやんの『食パンでミルフィーユ』の作り方!ガムシロップが決め手!

6月2日放送の『得する人!損する人!』(日本テレビ)ではバタコやん考案の食パンでミルフィーユの作り方が紹介されました。

 

bread-millefeuille

ミルフィーユといえば、あの何層にもなったサクサク感と滑らかな生クリームのコンビネーションがたまりませんね。

しかし家庭で作るのは想像しただけでも大変そうです。
ミルフィーユを家で作るという発想はなく、お店で食べる、又は買って帰るものと思っていたのは私だけでしょうか。

ところがさすがパンシェルジュ2級の資格を持つバタコやんです。
バタコやんの作り方なら、食パンを使ってわずか10分でサクサクのミルフィーユができてしまうのです!

とっても簡単、しかもカロリーカットのミルフィーユのです。
それではレシピのご紹介です。

Sponsored Link

食パンでミルフィーユの作り方

材料:4個分

食パン(6枚切り) ・ 2枚
ガムシロップ・・・・ 4個
(ポーションタイプ)
バター・・・・・・・ 大さじ4
いちご・・・・・・・ 8個
粉砂糖・・・・・・・ 適量
ミントなどのハーブ・ お好みで

[生クリーム]
生クリーム・・・・・ 200ml
砂糖・・・・・・・・ 15g
レモンの絞り汁・・・ 小さじ2

作り方

  1. 食パンの耳を全て切り落とす
    残った耳でこちらのレシピもおススメです
    【スッキリ】パンの耳のフレンチトーストが大人気!作り方も簡単!
  2.  割り箸を使って半分の厚さ(1cm)にする
    この時、写真のように割り箸を両側に2膳ずつ重ねて、包丁をすべらすようにカットするときれいに切れます
    cutting
  3.  1枚につき1個のガムシロップをかけ、まんべんなく塗り込む
  4.  1枚につき大さじ1のバターを薄く塗る(全体をコーティングするイメージで)
  5.  オーブントースターで焼く(1000w・2分
  6.  ひっくり返してさらに2分焼く
  7.  約2分冷まし、3等分にカットする
  8.  冷やした生クリームに砂糖とレモン汁を入れ泡立てる
  9. 食パン、いちご(スライス)、生クリームの順に2回重ね、もう1切れ食パンを重ねる
    仕上げにいちごの切れ端やミントを飾り、粉砂糖を振って完成!

生クリームの泡立てはレモン汁を使えば1分でできる!

通常の生クリームの泡立てはハンドミキサーを使えば便利ですが、お持ちでないと手で10分かかってしまいます。
そんな時、レモン汁小さじ2杯を加えるだけで生クリームが1分で固まります!(レモンの酸が乳脂肪の膜を壊しやすくするという性質を利用した裏ワザです)

ガムシロップの秘密

Sponsored Link

◆ガムシロップでなぜ食パンがサクサクに?◆
食パンに塗ったガムシロップの水分はトースターで焼くと飛んで、砂糖だけが残るためにサクサク感がでます。

◆ガムシロップがない時は?◆
ガムシロップ1個=砂糖(10g)+水(5ml)
で代用可能です。
よく混ぜて電子レンジで加熱します(約1分
とろみがつけばOKです。

以上、バタコやんの食パンを使ったミルフィーユの作り方をご紹介しました。

坂上忍は生クリームにレモンが入っているので、いちごとは違う酸味があり
「こっちの方が良い」とコメントしていました。
爽やかなあっさりした感じに仕上がっているそうです。

子供と一緒に作っても楽しそうですね。
皆様もぜひお試しください。

関連記事:
バタコやんの食パンでタコス!簡単トルティーヤとタコミートの作り方
バタコやんの簡単ベーグルの作り方

Sponsored Link

このページの先頭へ