ノンストップ!カルボナーラ丼の簡単な作り方!ピアットスズキのまかない料理

4月11日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ)では、麻布十番のイタリア料理店「ピアットスズキ」鈴木弥平シェフ監修のカルボナーラ丼が紹介されました。

carbonara
ミシュラン獲得のレストランの味が家庭で再現できるとあれば見逃せませんね。
材料も作り方も簡単ですのでお伝えします。

Sponsored Link

濃厚カルボナーラ丼のレシピ

シェフの本格カルボナーラソースは本場イタリアと同じで、牛乳と生クリームを使っていません。
鶏肉を焼くときも油を使っていません。
カロリーが気になる方にもおすすめのレシピです。

材料 (1人分)

鶏もも肉・・・・・・100g
塩・黒こしょう・・・適量
ベーコン(スライス)30g
長ネギ(白い部分)・1/2本
長ネギ(青い部分)・少々(トッピング用)
水・・・・・・・・・100㏄
しょうゆ・・・・・・小さじ1
ご飯・・・・・・・・茶碗2杯分

【カルボナーラソース】
卵・・・・・・・・・1個
粉チーズ・・・・・・10g
オリーブオイル・・・大さじ1

作り方

Sponsored Link

  1. 鶏肉に塩・こしょうをふっておく
  2.  フライパン(テフロン加工)に鶏肉を皮目を下にして置く(油は使わない)
  3.  点火する
  4.  最初は弱火で約2分焼く(弱火で鶏肉の脂を出す)
  5.  ひっくり返さない
  6.  最後に強火で皮をカリッとさせる(この時、身に完全に火が通ってなくてもよい)
  7.  鶏を取り出して一口大に切る
  8.  同じフライパンでベーコンと長ネギ(1cmほどのぶつ切)を炒める
  9.  鶏肉を戻し入れる
  10.  水としょうゆを加え煮詰める(中火・約3分半)
  11.  別にカルボナーラソースを混ぜ合わせておく
  12.  水分が少し残る程度になったら火を止める
  13.  フライパンの熱を下げるため、一呼吸置く(時間がなければ濡れ布巾の上に置き粗熱をとる)
  14.  カルボナーラソースを加え余熱でからめる(固まり具合をみて少し火を加えてもよい)
  15.  お皿にご飯を盛り、ソースをかける
  16.  青ネギをトッピングし、 黒こしょうをふる

 

フライパンにカルボナーラソースを入れた後、火を通しすぎると炒り卵のようになってしまい、なめらかなソースになりませんのでご注意ください。

以上、カルボナーラ丼のご紹介でした。
材料も作り方もお手軽で、お洒落な一品ができあがりました。
ぜひおためしください。

Sponsored Link

このページの先頭へ