【サタデープラス】パンはポリ袋で作る!?超簡単な塩パンの作り方

5月21日放送の『サタデープラス』(TBSテレビ)では世界一簡単というパンの作り方が紹介されました。

bread3
教えてくれたのは、西荻窪「HAPPY DELI」で世界一簡単なパン教室を主宰する梶晶子先生です。
出版本も多数ありますのでご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。

今回はお料理苦手な鈴木奈々さんを生徒に迎え、生地をポリ袋で作るポリパンを教えてくださいました。
オーブンを使わずフライパンで焼くのも簡単で嬉しいですね。

Sponsored Link

完成品は塩パンです。
それでは早速、作り方のご紹介です。

簡単にできる塩パンの作り方

材料:

強力粉・・・・・・・150g
水・・・・・・・・・80g
砂糖・・・・・・・・大さじ1/3
塩・・・・・・・・・小さじ1/3
天然酵母・・・・・・大さじ1
(ドライイーストでもOK)
オリーブオイル・・・大さじ1
(溶かしバターでもOK)

Sponsored Link

作り方

    1.  材料を全てポリ袋の中に入れる
    2.  ポリ袋に空気を入れ、少し膨らませる
    3.  口をしっかりつかんでシャカシャカと振って混ぜる(約3分)
      (振っているうちにポリ袋の中で生地がまとまってくる)
    4.  袋の空気を抜いて口をしばり、一次発酵させる
      (ペットボトルの下半分を容器にして生地の位置に目印をつけておく)flour1
    5. 生地が倍の大きさに膨らむまで置いておく(今の時期は約6時間)flour2
    6. 生地をビニールからフライパンに出す(ビニールをひっくり返しそのままフライパンに乗せる)
    7.  一度手で持ち上げ少し空気を入れてふんわりとフライパンに置くflour3
    8.  フライパンにフタをしてそのまま二次発酵をさせる(約1時間)
    9. 生地の上から岩塩・オリーブオイルをかけ、指をぐさぐさ突っ込み穴型をつける(空気を抜くため)flour5
    10. フライパンにフタをして焼く(強火で30秒、弱火で10分)
    11. ひっくり返して裏面も焼く(強火で30秒、弱火で10分)
    12. お皿にとって完成!

今回はフライパンで焼きましたが、ご家庭のトースターでも可能だそうですよ。
bread2

約10分、こんがりきつね色になるまで焼けばOKです。

鈴木奈々さんも「簡単~!」という塩パンです。ポリ袋を使うので手もキッチンも汚さずパン生地ができるのは嬉しいですね。

外はパリパリ中はふわふわのお手軽パン、 皆様も是非お試しください。

 

Sponsored Link

このページの先頭へ