スッキリ!エッグインクラウド作り方と上手なインスタ写真の撮り方

4月26日放送の『スッキリ!』(日本テレビ)では今話題のデリスタグラマー植木俊裕さんが登場、おしゃれな簡単料理と美味しく見せるプロのテクニックを教えてくれました。

フォロワー5万人以上という植木さんの本業はグラフィックデザイナーです。
その洗練されたセンスと手軽でお洒落な料理が人気の秘密です。

ちなみにデリスタグラマーとはdelicatessen + instagrammer またはdelicious insutagrammerの合成語と言われ、食をテーマにインスタグラムに投稿しているプロ及びセミプロの人気インスタグラマーのことです。

今回は3つのお料理を使い、それぞれのテーマに合わせた撮影方法が紹介されました。
お洒落なデリが一層引き立つ方法です。

今週末にでも、ぜひ作って、撮って、食べてお楽しみ下さい!

エッグインクラウド

deli5

直訳すれば『雲の中の卵』
メレンゲを雲に見立てた卵料理です。
アメリカから上陸し、インスタで話題になりました。
作り方はこの通り、とっても簡単ですよ。

Sponsored Link

 

作り方

  1. 人数分の卵を用意し、黄身と白身に分ける*
  2. 白身をハンドミキサーで泡立てメレンゲを作る(角がたつくらい固く)
  3. ほうれん草とベーコンを刻み(各1cm位)メレンゲにふわりと混ぜる(調味料は加えない)
  4. クッキングシートを敷いたオーブン皿にのせる
  5. 真ん中をへこませて黄身を窪みに入れる
  6. 予熱したオーブンで焼き上げる(230℃5分)

*黄身と白身の簡単な分け方
ペットボトルをへこませて卵に当て、吸引すると黄身だけが吸い取れます。
出すときはもう一度ペットボトルを押し潰し、圧で押し出します。

上手な写真の撮り方

いかにお料理を美味しく見せるかがポイントです。

植木さんは50種類以上ランチョンマットをお持ちだそうです。
その料理にあったものを選び、使っています。
デリスタグラマーには欠かせないアイテムです。

◆植木さんのアドバイス

写真に立体感と生活感を!

  • 料理だけでなく少し引いて撮ると良い
     お皿だけでなく空間も見せることで、ランチョンマットも生きる
  •  見る人が「こんな生活をしているんだ」と感じられるように空間を使う
  •  ランチョンマットはただ敷くだけでなく折り曲げて動きを出すなど、料理とインテリアのスタイリングされている感じを出すことも大切

マウンテントースト

deli3

作り方

好きな素材を薄切りパンの上に高々と盛ります。
食材は人参、トマト、リーフ、卵、など何でもOKです。

上手な写真の撮り方

このように高さのあるものは高さを表現し、マウンテン感を出すのが大切です
植木さんは盛り付けたカッティングボードを片手で持ち上げ、片手で撮影しました。

遠近法で一番前が高く見えています。

ココットパンケーキ

Sponsored Link

 

作り方

  1. 市販のパンケーキミックスに卵と牛乳を混ぜる
  2.  ココット皿の半分まで生地を入れる
  3.  オーブンで焼く(230℃13分)
  4.  フルーツを盛り付ける

上手な写真の撮り方

deli4

植木さんの写真はパンケーキの左側に造花を1輪ずつ、下に花びらのランチョンマット、そして右側にヤカンが覗いています。
また手前にはスプーンを置いています。

パンケーキの飾りのフルーツを花型に切り、花に見立てています。そのため、造花やランチョンマットの花柄を使ってテーマを統一しています。
またスプーンやヤカンを置くことでデザートタイムを効果的に演出しています。

料理の周りにはナイフ・フォークなどをおき、写真にストーリー性を持たせることが「いいね!」などを増やす大事なポイントだそうです。

 

以上、植木さんのデリスタテクニックをお伝えしました。
ブログの投稿写真などにも生かせそうなテクニックですね。
ぜひ、お試しください。

Sponsored Link

このページの先頭へ