【ヒルナンデス】小龍包と酸辣湯に挑戦!料理教室のレシピ

6月6日放送の『ヒルナンデス』(日本テレビ)では「大人のシュミ活」企画で大人の習い事教室が紹介されました。

その中から今回は、日本最大規模の料理教室ABCクッキングスタジオで、博多華丸・大吉・寺田恵子・花田虎上の4人が挑戦した

焼き小龍包と酸辣湯

の作り方をお伝えします。

Sponsored Link

焼き小龍包の作り方

テレビで紹介された分量を記しておきますが、倍量の方がつくり易いかもしれません。
分量は2倍、3倍等ご自由に調整して下さいね。

yamucha

材料:6個分

【あんの材料】
豚ひき肉・・・・・・・・50g
ゴマ油・・・・・・・・・小さじ1
おろししょうが・・・・・小さじ1/2
オイスターソース・・・・ 〃
砂糖・・・・・・・・・・ 〃
酒 ・・・・・・・・・・ 〃

【ゼラチンスープの材料】
水・・・・・・・・・・・40㏄
鶏ガラスープの素・・・・小さじ1/4
ショウガ・・・・・・・・3g
粉ゼラチン・・・・・・・2g

【皮の材料】
薄力粉・・・・・・・・・10g
強力粉・・・・・・・・・50g
ドライイースト・・・・・小さじ1/6
砂糖・・・・・・・・・・小さじ1/2
塩・・・・・・・・・・・小さじ1/8
水・・・・・・・・・・・25㏄

作り方

  1.  ゼラチンスープを作る
    ⇒鍋で鶏ガラスープを作り、生姜を加える
    ⇒ゼラチンを溶かして冷蔵庫で冷やして固める
  2.  生地を作る
    ⇒ボウルに粉・イースト・砂糖・塩を入れる
    ⇒水(42~43℃)を加えそぼろ状になるまで箸で混ぜる
    ⇒ひとまとめにして、生地がつるつるになるまでこねる
    ⇒生地をラップで包み室温で20分休ませる
  3.  酸辣湯を作る【下記参照】
  4.  小龍包のあんを作る
    ⇒ポリ袋にあんの材料を全て入れて粘りが出るまで混ぜる
    ⇒挽肉の中に固まったゼラチンスープを入れる
    ⇒軽く混ぜる
  5.  皮をつくる
    ⇒休ませた生地を棒状にして6等分する
    ⇒打ち粉をして麺棒で薄く直径10cm程度の円に伸ばす

    皮の外側に麺棒をあてて、薄く伸ばすようにする

  6. 生地にあんを乗せて包む

    最初につまんだ親指の位置を動かさずに、もう片方の手と人差し指で、親指の位置にひだを寄せていく

  7. フライパンで小龍包を軽く焼く
  8.  焼き目がつけば水を加えて3分蒸し焼きにする

Sponsored Link

酸辣湯の作り方

材料(2人分)

豚ロース肉・・・・・・・50g
干し椎茸・・・・・・・・適量
人参・・・・・・・・・・20g
竹の子(水煮)・・・・・20g
きくらげ・・・・・・・・1g
木綿豆腐・・・・・・・・50g
【スープ】
干し椎茸の戻し汁・・・・360㏄
鶏ガラスープの素・・・・小さじ1
紹興酒(なければ酒)・・大さじ1/2
しょうゆ・・・・・・・・小さじ1
酢・・・・・・・・・・・大さじ1~
ラー油・塩コショウ・・・適量

作り方

  1. 干し椎茸を戻しておく
  2.  野菜を千切りにする
  3.  スープを作り、肉と野菜を煮る
  4.  火が通れば水溶き片栗粉でとろみをつける
  5.  酢・ラー油を加え塩コショウで味つけする

以上、『ヒルナンデス』より小龍包と酸辣湯の作り方をご紹介しました。
皮まで作る時間がないという方は、食感が違いますが餃子の皮で代用するのもありかと思います。
ぜひお試しくださいませ。



Sponsored Link

このページの先頭へ