【家事えもん】肉じゃが油揚げ詰めやマカロニサラダをお弁当に!

4月21日放送の『得する人!損する人!』(日本テレビ)では、お馴染みの家事えもんが冷めても美味しいお弁当テクを披露してくれました。

lunch box

早速、明日から使えそうなものばかりですのでご紹介したいと思います。
(分量は全て1人分です)

ふわふわ卵焼き

冷めてもふんわりの卵焼きです。

  1.  水(大さじ2)にだしの素(少々)とマシュマロ(10g)を入れる
  2.  電子レンジで加熱(600w1分)⇒粗熱をとる
  3.  卵(2個)に片栗粉(小さじ2)を加える
  4.  ふりかけを入れる
  5.  溶かしたマシュマロを加えて焼く

片栗粉をいれることで、空気の穴が詰まった感じの卵焼きになります。
またゼラチンが水分を閉じ込めるので、時間がたっても卵焼きのしっとりさが保てるというわけです。

卵焼きのバリエーションが少ない人は
ふりかけの活用がおススメです。
(種類は何でも可)

肉じゃがの油揚げ詰め焼き

Sponsored Link

残り物の煮物はどうしても汁が気になりますね。
そんな時オススメなのがこちらのメニューです。

  1. 肉じゃが(50g)をフォークでつぶす
  2.  ケチャップ(適量)を入れる
  3.  油揚げ(半分)に詰めて平らにし口は楊枝で留める
  4.  フライパンで両面を焼く(約5分)

「えっ!?」と思われるかもしれませんが、 肉じゃがの旨味のもとのイノシン酸とケチャップの旨味のもとのグルタミン酸は非常に相性が良いのだそうです。

この油揚げの詰め焼きは肉じゃがに限らず、和食の煮物ならほとんどのもので美味しくつくれるそうです。(ひじきの煮物等)

マカロニサラダ

Sponsored Link

時間がたってもパサつかさないためには
マカロニを表示時間より長めにゆでます。

夕飯に早目にマカロニサラダを作る場合も長めにゆでておくとパサつかずにすみます。

  1. マカロニ(4分ゆで15g)を1分長く茹でる
  2. 茹でている間に人参をピーラーで薄く剥く
  3.  ゆであがる1分前に人参(10g)・ブロッコリー(10g)を入れる
  4. 全部をザルにとり水でしめる
  5. マカロニとブロッコリーをボウルに入れる(人参はよけておく)
  6.  マヨネーズ(15g)・塩・コショウで味付けする
  7. 餃子の皮の器に盛り、人参をクルクル巻いて飾る

餃子のお弁当カップの作り方

  1. シリコン製のカップ(花型)に餃子の皮1枚をいれる
  2.  こしょう・粉チーズ(適量)をふりかける
  3.  さらに同じシリコン製のカップ(花型)を上に重ねて挟む
  4.  電子レンジで加熱する(600w1分)

汁を吸うので安心な上に、おかずと食べてもこのまま食べてもよいという優れものです。

冷めても美味しい混ぜご飯

  1. ごま油(少々)をご飯(200g)にからめる
  2.  鶏ガラスープの素(少々)で味付け
  3.  カリカリ梅(1個)・しょうが(5g)・大葉(2枚)を混ぜる

 

以上、家事えもんの冷めても美味しいお弁当のご紹介でした。
肉じゃがのテクは翌日の夕食にも使えそうですね。
ぜひお試しください。

Sponsored Link

このページの先頭へ