広島流のカキ料理は最高!この差って何ですか?

1月17日『この差って何ですか?』(TBSテレビ)で放送された広島のカキ料理!

地元の奥様方によって紹介されたカキ料理はどれも素晴らしく、一度作ってみたいと思わせるものばかりでした。

ここで皆さんにご紹介させていただきます。

広島流カキフライの作り方

Fotolia_96621066_XS

広島の方はカキフライ1つにカキを3個使います。
3つまとめて揚げるのだそうです。

3個をくっ付けることで油に触れる面積が少なくなるため、揚げたときにあまり縮みません。
硬くならないで中のジューシーさが残るというのです。

しかし、このまま油で揚げると3個のカキがバラバラになってしまいそうですね。

そこで秘密兵器登場!

地元の方は広島特産の広島菜に包んでカキフライを作るそうです。
小麦粉をまぶした3個のカキを広島菜の葉っぱの部分で包み、油で揚げます。

これによってカキはバラバラになりません。
しかも広島菜と油がよくマッチする上に、広島菜が油を止めるのでカキは余分な油を吸いません。

広島以外にお住まいの方は小松菜や青梗菜でも代用可能だそうですよ。

小麦粉と卵液につけてパン粉をまぶしたら180℃で5分揚げたら完成です。

出来上がりはとってもジューシー、衣もサックサクとスタジオでは大好評でした。

広島流タルタルソースの作り方

広島にはタルタルソースの作り方にも差がありました。

広島ではゆで卵のみじん切りに入れるピクルスの代わりにラッキョウを使います。
卵1つに4個のラッキョウを使います。

ラッキョウを使うことでタルタルソースがさっぱり仕上がるそうです。
とてもさわやかと好評でした。

広島流カキ鍋の作り方

Fotolia_37179761_XS
広島のカキ鍋は土手鍋だそうです。
(他の地域で一般によく作られているのは寄せ鍋)
土手鍋というと鍋のふちに味噌を塗って土手をつくりますが、もっと簡単な方法を紹介してもらいました。

カキの下ごしらえ

カキのしたごしらえにも工夫があります。

カキは塩水で洗います。
浸透圧でカキの水分が抜けることで、鍋に入れたときにスープをよく吸い込み味が染み込みます。

よくふいて水けを取り、片栗粉をまぶします。
これによってカキの中身をガードして旨みが逃げません。

この下ごしらえ方法は土手鍋に限らず他の鍋でもおススメです。

土手鍋スープの作り方

1.ゆきひら鍋の中に赤味噌を入れる
2.酒、みりん、砂糖を入れて混ぜる
3・鍋を温めながら良く混ぜる
4.3分ほどかき混ぜてお湯が入った土鍋に溶かす

この時のポイントは少し底を焦がすことです。焦げることによって風味がよくなります。
普通の土手鍋は最後になって焦げた香りが楽しめますが、この方法だと始めから焦げた香りと旨みを楽しめるそうです。

このスープの中に野菜と鍋を入れて10分ほど煮込めば完成です。

ちなみに広島ではネギ、白菜などの野菜の他にクワイを入れるそうです。甘味はありませんが栗のようなサクッとした食感があるそうです。

オススメ広島流カキ料理2品

どちらも5分でできる超簡単料理です

 


【送料無料】生かき2種食べ比べお試しセット“今”旬の牡蠣と北海道厚岸産まるえもん かき 牡蠣 …

 

◆麻婆カキ

豚挽肉を炒め、市販の麻婆の素を入れ、豆腐の代わりにカキを入れます。
水溶き片栗粉を入れたら出来上がりです。

◆カキの揚げ餃子
餃子の皮にキャベツのみじん切りをのせ、カキをまるごと1個のせてくるみます。
包んで、170℃の油で約4分揚げたら出来上がりです。

 

カキは『海のミルク』と言われるほど栄養たっぷり、ビタミンも豊富です。

この冬は是非、広島流カキ料理を試してみてはいかがでしょうか。

 

Sponsored Link

このページの先頭へ