ノンストップ!焼きタケノコが家庭でも簡単に作れるオーブン調理法!

4月11日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ)ではタケノコの粋な調理法とたしなみを教えてくれました。
今が旬のタケノコですが、一番タケノコを美味しくいただけるという焼きタケノコの調理法とタケノコを食べる時の粋なたしなみをお伝えします。

Sponsored Link

焼きタケノコ

takenoko-grill

江戸時代に話題となったタケノコの食べ方が生えている状態のまま火をつけ、焼いて食べる
というものでした。

タケノコは切った瞬間からえぐみが強くなるので
切らずにそのまま焼いていたのです。

現在は山火事になる恐れがありますので、ほとんど行われていません。

しかし、できるだけ新鮮なまま焼くという考えは残り、現在でも老舗の料亭ではタケノコの焼き物が供されています。

皮つきのまま焼いたタケノコはうま味や香りを閉じ込められる為、料理人は掘ったものを皮つきのまま 炭火で焼いてしまうそうです。

家庭で焼きタケノコを作る方法

  1. 新鮮なタケノコを皮つきのまま半分に切る
  2.  アルミホイルで包む
  3.  180℃のオーブンで30分ほど焼く

七輪がなくてもこれで焼きタケノコが作れますね。

タケノコを食べるときの粋なたしなみ

Sponsored Link

知っておいて損はない豆知識です。

タケノコ料理の上に添えられている木の芽は
山椒の若芽です。

なぜ添えられているのかというと

木の芽を食べるとタケノコ特有のえぐみを和らげるとされ、江戸時代からタケノコとは不変の組み合わせだからです。

ですから、ただの飾りと思わずに残さず食べるのが粋なたしなみです。

【木の芽を食べるタイミング】
タケノコの箸休めとして木の芽だけを食べます。
葉っぱを手でちぎって1~2枚口に入れます。

理由:タケノコはゆがいて煮ても、多少のえぐみは残ります。木の芽の辛味と香りで舌をリセットする為です。

固い根元の美味しい食べ方

根元は固くて食べられないからと捨てている方も多いと思います。
この固い根元はえぐみが少なく、甘みもあって美味しさが詰まった部分です。

捨てるのはもったいない部分で タケノコの名産地や料亭では

すりおろして鶏挽肉と混ぜ、つくね料理に使うそうです。

 

以上、焼きタケノコの家庭での作り方とタケノコの粋な食べ方をお伝えしました。
タケノコの旬はこのあと5月末ごろまでだそうです。
ぜひおためし下さい。

こちらの人気記事もよろしかったらご覧ください。
ソレダメ!タケノコご飯の作り方と下ゆで時のアク抜き方法

Sponsored Link

このページの先頭へ