地震に備えて水や食品は何日分備蓄する?賞味期限の管理方法と保管場所

熊本地震の被災者の皆様、心よりお見舞い申し上げます。

あらためて天災の恐ろしさを知る大きな地震が起きてしまいました。
これを機に防災グッズの見直しをされたご家庭も多いのではないでしょうか。

あなたのご家庭では大地震に備えて必ず必要な水や食料の備蓄は大丈夫ですか。
今回は各家庭で必要とされる水の量と、誰でも簡単にできる備蓄品の賞味期限管理法お伝えします。

備蓄食品の賞味期限対策

大地震が起きる度に水や缶詰を買ってみるものの、気づけば賞味期限が・・・

こんな経験はありませんか?
こんなことを繰り返しているうちに食品の管理が面倒になり、いつしか備蓄の点検も怠りがちに・・・

管理人も東日本大震災後の食料品不足を経験し、かなりの食品の備蓄を行いましたが賞味期限の管理がまずく、その反省をもとに現在は簡単な管理法で回しています。

食品の備蓄は何日分?

ここでいう備蓄とは緊急持ち出し袋とは別のものです。

急いで避難したあと、避難所から自宅に戻って取り出す食料、あるいは被害の少ない自宅でとりあえず生活するために必要な食料を意味します。

そもそも何日分備蓄すれば良いのかという話ですが
東京都の推奨は最低で1日3食×3日分です。

これには諸説あり、3日では足りない1週間は最低でも用意するべきだ等、東日本大震災後は極力多く備蓄するように言われています。

首都圏での大地震を想定すれば、当然混乱は大きいはずで1週間分は確保しておきたいところです。

しかし、同居家族の多い世帯で1週間分の備蓄をするとなると、現実的にはかなり大変ではないかと思います。
これは各家庭でどこまで備蓄の管理ができるか、置き場所があるかによって違ってきます。

我が家では命があれば儲けものと割り切って、とりあえず避難から5日分の備蓄をしています。(ちなみに首都圏在住です)

備蓄したい水の量

Sponsored Link

1人分として
1日3Lが必要といわれています。
(最低限の生活用水も含まれています)

3日分の水を用意するなら
3L× 3日=9L
1人当たり9Lです。ご家庭では9L×人数分
2人家族なら18L(2Lボトル9本)
3人家族なら27L(2Lボトル14本)
4人家族なら36L(2Lボトル18本)
5人家族なら45L(2Lボトル23本)

これが各家庭に必要な3日分の水の量です。

 

5日分を用意しておくなら
3L× 5日=15L
1人当たり15Lです。ご家庭では15L×人数分
2人家族なら30L(2Lボトル15本)
3人家族なら45L(2Lボトル23本)
4人家族なら60L(2Lボトル30本)
5人家族なら75L(2Lボトル38本)

これが各家庭に必要な5日分の水の量です。

 

1週間分を用意しておくなら
3L× 7日=21L
1人当たり21Lです。ご家庭では21L×人数分
2人家族なら42L(2Lボトル21本)
3人家族なら63L(2Lボトル32本)
4人家族なら84L(2Lボトル42本)
5人家族なら105L(2Lボトル53本)

これが各家庭に必要な1週間分の水の量です。

 

余談ですが、各家庭にポリタンクは一つ用意しておきましょう。
給水車が来た時に非常に役立ちます。

食品の賞味期限の管理方法

Sponsored Link

ご家庭で常備する水の数を決めたら、足りない分を買い足します。
常備するボトルの本数や箱数は大きく書いておきます。

缶詰やその他の食品も、最初に何日分どの位用意するかを決めます。
ご家庭の人数を考えて掛け算してみて下さい。
適当にちょこちょこ買い集めても必要量を満たしていないことが多々あるようです。

まずは常備する数を食品ごとに把握します。

この数はいつもキープします。
そして普段は手をつけません。

1年に2度、3月11日9月1日前後にその日から半年以内に賞味期限のきれるものを全部だして台所にもってきます。
この2日にするのは「東日本大震災」の日と「防災の日」で、マスコミに必ず取り上げられるからです。

台所に持ってきた数だけすぐに買い足して補てんします。
台所にきたものは、その日からどんどん消費します。

水も同じです。

こうして回していけば管理もかなり楽になります。
取り換えの時期が近くなったらチラシで安売りも要チェックです^^

備蓄食品の保管場所

まず、建物の崩壊を想定し、取り出せるところを考えます。
玄関や屋外の物置、車内が良いとされています。
玄関の靴箱を防災グッズ入れにして、食品などを備蓄している方もいらっしゃいます。

個人的には屋外の物置は夏場の温度上昇を考えると躊躇しますが・・・

万が一、自宅が倒壊した時の為に車の中に水を1箱置いておくのもおススメです。

以上、地震に備えての水等の備蓄とその管理方法をお伝えしました。
備えあれば憂いなしですね。
早速はじめましょう。

Sponsored Link

このページの先頭へ