2016年日本テレビの24時間テレビ・マラソンランナーは林家たい平に決定!

5月29日生放送中の『笑点』(日本テレビ)で今年の「日本テレビ24時間テレビ」マラソンランナーが発表された。

Sponsored Link

「24時間テレビ」で総合司会を務める羽鳥慎一アナウンサーから発表された名は
「林家たい平」

第39回マラソンランナーは林家たい平師匠(51才)に決定。
本人は既に承諾済みだという。
今年は意外にも笑点メンバーからの選出である。

林家たい平のプロフィール

林家たい平
(はやしや たいへい)
本 名・・ 田鹿 明(たじか あきら)
生年月日・ 1964年12月6日(51歳)
出身地 ・ 埼玉県秩父市
師匠 ・・ 林家こん平
活動期間 1988年 –
活動内容 古典落語
学 歴 ・・武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン

マラソンランナーに懸けた思い

番組内では、何故たい平師匠がランナーを引き受けたかも明らかになった。

たい平師匠の心の底には3つの思いがあり、それがマラソンランナーを引き受ける決心につながったという。
彼自身が51才であり、今年放送51周年を迎える笑点への思い、先代司会者歌丸への思い、そして自分を育ててくれた師匠、林家こん平への思いだ。
林家こん平は現在、病気療養中である。
その師匠への感謝とエールを送りたいという。

「僕では力不足という事は重々承知の上、でも一生懸命皆さんの思いを乗せて走ることを決めましたので頑張ろうと思います」

本人の口から涙を浮かべての決意表明であった。

関連記事:
林家たい平が24時間TVマラソンを走る理由と課題は?

Sponsored Link

このページの先頭へ