【林先生が驚く初耳学】機内食の味の秘密を知っていますか?

2月7日放送の『林先生が驚く初耳学』(TBS)では出川哲朗から機内食の初耳が!

機内食には一般には知られていない様々な工夫があるのです。

隠された工夫とはどんなことでしょうか?

国際線の常連、出川哲朗のウンチクも合わせてお伝えします。

Sponsored Link

出川哲朗の機内食ウンチク

日本への帰国便では和食を選ぶと損!!

その理由は・・・

機内食は出発する国の食材を使って作られるのが一般的です。

ですから海外発の帰国便では、日本産の食材を使っていない和食を選ぶよりも、その国ゆかりのメニューを選んだ方が確実というわけです。

機内食用のパン

昨年ANAでは国際線全クラスで自家製パンを導入、機内食のパンが劇的に変化しました。
このパンの袋にもひと工夫が・・

実はパンの袋に小さな穴が開けられているのです。

上空では気圧が低いので、パンの袋の中の空気が膨張してパーンと弾けてしまうのを防ぐためだそうです。

機内食は地上で食べると味が違う

普通は上空でしか口にすることのない機内食ですが、もし同じものを地上で食べたら味が違うそうです。

地上で食べると味が濃く感じます。

つまり機内食は機内という特殊な環境で美味しくいただけるように、味付けを濃くしてあるのです。

その理由は、人間の味覚が環境によって変化するからです。

機内食は上空で食べますが、気圧が低い上空では人間の味覚が鈍るのです。

そしてもうひとつ、機内はエンジン音など騒音があります。
騒音も人間の味覚を鈍らせます
アメリカの医学博士達の研究によると
「不快な環境が心理的に影響する」そうです。

味覚の神経と聴覚の神経が耳のあたりで近いところを通っているため騒音の多い機内では味覚が鈍ると考えられています。

以上3つ、飛行機の機内食に関する初耳学でしたが、最後に番組内で紹介された初耳をもう一つオマケに・・

◆受験生に縁起の良いスターバックスのメニュー◆

受験生に縁起の良い組み合わせは

緑色のサラダラップ(グリーンベジタブル&バジルソースカフェアメリカン(トール)だとか・・・

その理由はラップ(¥380)+アメリカン(¥340)で消費税がついて合計金額が¥777になるからです^^

関連記事:
マリーアントワネットのわがままでチョコレートは固形になった!?
インフルエンザを歯磨きで防ごう!林先生も驚き冬の朝の正しい習慣

Sponsored Link

このページの先頭へ