【徹子の部屋】伊藤英明はイクメン!珍獣捕獲に母はたくましかった!

4月25日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日)には伊藤英明さんが登場しました。

ito3
2年前にご結婚、昨年男の子も生まれ幸せいっぱいの伊藤英明さんです。
病弱だった幼少期のこと、2度挙げた結婚式のことなどを語ってくれました。

伊藤 英明
(いとう ひであき)

生年月日:1975年8月3日(40歳)
出生地 :岐阜県岐阜市
身 長 :183 cm
血液型 :O型
職 業 :俳優
活動期間:1997年 –
デビュー:ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト
(準グランプリ)

両親の結婚記念日に挙式

2年前の2014年、8才年下の奥様とは出会って1か月で結婚を決め、付き合って半年で結婚しています。

子供の頃から和装で結婚式を挙げたかったという伊藤さんは、ご両親の結婚記念日と同じ日に地元、岐阜の神社で式を挙げました。

岐阜の金華山が標高329mであり、それに因んで3月29日に挙式したご両親と同じく伊藤さんも3月29日を選んだそうです。

一方奥様はどうしてもウェディングドレスを着たかったため、スペインのマヨルカ島で2度目の挙式をあげました。
マヨルカ島は景色もお料理も素晴らしく、双方のご両親にすごく喜ばれたそうです。

イクメンのパパ

昨年11月に第1子の男の子が誕生しました。

伊藤さんはドラマの撮影の合間をぬって 出産にも立ち会っています。
医師に挟みを渡されて緊張しながらへその緒を切った話、吸引器を使ったため赤ちゃんの頭が長くて怖かった話など父親として第1歩を踏み出した時のことを語ってくれました。

また、おむつ替えや入浴も積極的にするよきパパです。
「母親は授乳ができるけれども父親は他にコミュニケーションをとることが難しいのでお風呂は自分からやらせてもらっている」ということです。
子煩悩なパパです。

赤ちゃんの上でぐるぐる回る玩具を見ているうちに、自分が赤ちゃんの時に見ていた光景を思い出し、母親に確認すると当たっていたという興味深い話もありました。

幼少期は腎臓を患い闘病生活

Sponsored Link

 

伊藤さんの当たり役、『海猿』の「仙崎大輔」からは到底想像もできませんが、保育園の年長から中学に上がるまで慢性腎炎を患い入退院を繰り返していたそうです。

今回、番組では多くを語っていませんでしたが、実はお母様も本人もかなり大変な思いをされています。慢性腎炎ですので 塩分を控えめにし、安静を求められるため、普通の子供と同じように給食や運動会、林間学校というわけにもいかず、小学校の思い出はあまりないそうです。

毎日点滴をされていたそうですが、活発な少年だったため、 点滴(当時は瓶)を持って走り回り、倒して割っては先生に怒られていました。

とうとう動かないようにと足にも点滴をされ、それでも動いて針が動いてパンパンに腫れたこともあるようです。

中学の頃にはもう元気になり、バスケットボールを始めたそうです。

母はたくましかった

塾の帰りのことです。

小雨の降る中、母親の運転する車で川を通りかかると、川岸に大きな珍獣がいました。
ものすごく大きなねずみのような生物です

驚いた母親が

「あれ何?あれちょっと捕まえや!」

と伊藤さんに指令を出しました。

母の期待に応えようと川に入っていったものの、その大きな生物は大きなオレンジ色の歯をむきだしにして威嚇しています。
怖くて近づけず、にらみ合いが続きます。

「ちょっと待っとき!」

何と母親は息子をその場に残して車でどこかに走り去ります。

しばらくして戻ってきた母は

「これで捕まえ!」

と 橋の上からポリバケツを投げました。

しかし、哀れにもポリバケツは伊藤少年には届かず濁流の中に消えてしまいました。
「あんた何しとんの!」

結局その生物は逃げて、捕獲は失敗に終わりました。

母の指令で泥だらけになって捕獲を試み、失敗して怒られ、帰宅後は寒くて震えるなか庭のシャワーで水をかけられ踏んだり蹴ったりだったという懐かしい話を披露してくれました。

「今では良い思い出です」

そういうたくましいお母様だったからこそ、病弱だった伊藤さんも立派に成長することができたのではないでしょうか。

ちなみにその生物は伊藤さんによるとヌートリアというねずみではないかということです。

昆虫が大好きで大スズメバチ役!

Sponsored Link

 

伊藤さんは子供の頃から昆虫が大好きだったそうです。

まだ収入も少なかった頃、ヘラクレスという巨大カブトムシを池袋に買いに行きました。
その当時15万円もしたそうです。

幸せいっぱいの伊藤さんでしたが、海外に行く仕事が入り、その間は仕方なく事務所に置いておきました。
ところが・・・
帰ってみると何と15万円のカブトムシは捨てられていたのです。

ショウジョウバエが増えてしまったのが理由でした。
誰もそんなに高いカブトムシだとは思わなかったのでしょう。

捨てられてしまったのがショックでもう飼うのはやめたそうです。

そんな昆虫好きの伊藤さんは4月29日から公開の映画『テラフォーマーズ』にも出演しています。

500年前に地球が火星に送り込んだ昆虫が進化し、その進化した生物を地球から倒しにいくという火星移住計画のストーリーです。
伊藤さん自身は「大スズメバチ」、山下智久さんは「バッタ」・・・
豪華なキャストでも話題となっていますが、昆虫好きの男の子にはたまらない映画のようです。

伊藤さんご自身の男の子はまだ赤ちゃんで映画は無理ですが、子どもと将来二人で海外など旅行したいとも語っています。
パパとなりまた新たな魅力の加わった伊藤英明さんです。
今後、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。

Sponsored Link

このページの先頭へ