IKEAの椅子を壊したオードリー春日の体重は?番組降板は大丈夫?

本日2/24『ヒルナンデス』(日本テレビ)で起こったオードリー春日による放送事故が話題になっています。

何と言ってもヒルナンデスはお昼の生放送です。

本日の放送は『IKEA』特集でしたが、問題の事故は番組最後のプレゼントコーナーで起こりました。

『IKEA』で人気のロングセラー商品『POANG(ポエング)』というアームチェアの紹介をしていた時のことです。
ikea-chair
このアームチェアは630万回のテストに耐えたという製品で強度と耐久性がウリです。

スタジオでは実際にオードリー春日が椅子に座って、揺さぶってみせましたが、だんだんとエスカレートしていき、最後には椅子の脚が折れて春日は椅子から転げ落ちるはめに・・・

kasuga

椅子の脚が折れる直前には、相方の若林も春日の上から押さえつけるという悪ふざけぶりです。

水卜アナの「大変すいません、使い方は正しく守ってください。正しく使えば壊れませんので」

というフォローがありましたが、皆笑いをこらえきれずといった感じでした。

が、あれは明らかに壊しにいっていたように受け取れましたよ。

あまりにIKEAが気の毒なのでIKEAの品質保証を調べてみました。
(私はIKEAの回し者ではありませんが^^)

IKEAの「品質保証に関する条件」に以下の通り記載されています。

故障や破損が以下に記載された原因で生じた場合、本品質保証は適用されません。
不適切な保管。不適切な組み立て。
不適切な使用。許容範囲を超えた過度の負担がかかる使用。
誤用。
本来の目的とは異なる使用
。改造。誤った方法あるいは不適切な洗剤によるお手入れ。
〈http://www.ikea.com/ms/ja_JP/customer-service/about-our-products/guarantees-and-warranties/terms-conditions/index.html〉

 

今回の春日の揺さぶりは明らかに許容範囲を超えた過度の負担がかかる使用に当てはまるわけです。

630万回のテストというのはあくまでも通常の使用を条件としたものですからね。
身長176.5cm 体重80kgの春日にやられては椅子もたまったものじゃありません。

春日さん、今回はちょっとやりすぎちゃいましたね。

お笑い芸人といえども、皆が見ています。
マナーは守って下さい。

以前IKEAは椅子の破損で障害を負ったとして訴訟を起こされたことがあります。
企業イメージを良くする放送は大歓迎でしょうが、最後の最後にあれでは・・・

春日さん、こんな悪ふざけで番組降板なんてことにならないことをお祈りしています。

追記:後日、こちらでオードリー若林・春日の反省の弁があります。
かなり後悔している模様ですね。

Sponsored Link

このページの先頭へ