知英がスウィート・チャリティでミュージカル初主演!あらすじとジヨンのこれまで

元KARAの知英(ジヨン)のミュージカル初主演が話題になっています。

知英にとって初舞台・初ミュージカルにして、初主演です!

jiyoung2

<出典:http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1609092.html>

彼女が演じるのはミュージカルの名作「スウィート・チャリティ」の主役・チャリティ・ホープ・ヴァレンタインです。
(9月23日~10月2日、東京・天王洲 銀座劇場 )

2014年にKARAを脱退してから活躍の場を広げてきた知英にとって、今回の主演決定はとても大きな喜びだったようです。

「ミュージカルの出演は、私にとって夢の1つだと、ずっといろんなところで話していました。その夢を実現できる喜びに今はひたっています」
と語っています。

まずは知英のこれまでを振り返ってみましょう。

知英のプロフィール

jiyoung1

<出典:http://sweetpower.jp/sweetpower/jiyoung/>

知英
ジヨン
Jiyoung

生年月日  1994年1月18日
出身地   韓国
血液型   O型
身長    167cm
好きなスポーツ  ボクシング・乗馬
趣味    写真を撮る事・音楽鑑賞
・・・・・・映画鑑賞・アロマキャンドル
特技    語学(日本語・英語)・ダンス
・・・・・・ギター・ピアノ・早口言葉
事務所 スウィートパワー

2008年(14才)で「KARA」のメンバーにオーディションで加入。

5人組ガールズグループ「KARA」の最年少メンバーとして、日本でも活躍を見せていましたが、2011年の分裂騒動以来すっかり日本のメディアからは消えてしまいました。

2014年4月所属事務所DSPメディアとの専属契約を終了し、KARAを脱退しました。

そして脱退後の4月から4か月間、ロンドンに語学留学をしています。
この留学はリフレッシュの意味もあったようです。

そしてこの留学中に知英にとって運命の出会い(!?)が・・・

友人たちとの食事会で、現所属事務所『スウィートパワー』社長と出会ったのです。
社長は偶然、仕事でロンドンを訪れていたそうです。

知英はこの社長と意気投合、日本で女優として活動したいと打ち明けました。
そしてこの年(2014年)秋から日本で「知英(ジヨン)」という芸名で女優活動を開始します。

ちなみにスウィートパワーは堀北真希、桐谷美玲、内山理名、黒木メイサらのタレントをかかえる芸能事務所です。

以来、ドラマ、映画、CMと活動を広げてきた知英です。

スウィート・チャリティとは

Sponsored Link

「スウィート・チャリティ」は1966年1月にブロードウェイで初演されたラブ・コメディーです。

イタリア映画『カビリアの夜』(1957年)をミュージカル化したものです。

そして1969年にはシャーリー・マクレーン主演で映画化もされています。
前向きでひたむきなチャリティの魅力がシャーリー・マクレーンによって存分に発揮されました。
charity

ヒロインの設定がこの映画から変更されています。

オリジナル版では娼婦でしたが、映画ではキャバレーの踊り子(たまにホステスの役割もする)になっています。

この映画の監督は、かのボブ・フォッシー。
1973年『キャバレー』ではアカデミー監督賞を受賞している名監督です。

このボブ・フォッシーの初監督作品がこのスウィート・チャリティでした。

スウィート・チャリティあらすじ

Sponsored Link

ニューヨークのダンスホールでホステスとして働くチャリティ・ホープ・ヴァレンタイン。

お人好しで男運がないチャリティですが、いつかきっと本気で自分を愛してくれる男性に出会うと夢見ています。

ある晩、チャリティは世界的な映画スター、ヴィットリオと出会い、夢のような時間を過ごします。
しかしそんな幸せな時間は長く続かず、彼の恋人の訪問で、あっという間に終わりを告げます。

翌日、ダンスホールの仲間たちにヴィットリオとの出来事を話しますが、誰もチャリティの話を信じません。

夢の世界とは、あまりにもかけ離れたダンスホールでの自分・・・

とうとうダンスホールを抜け出し、まともな仕事、まともな人生をつかむ決意をするのです。

そしてチャリティは自分探しのための講座に出かけていきます。

そのエレベーターの中で出会ったのが真面目そうなオスカーという青年。
オスカーの職業は会計士です。

教会や映画館でデートを重ねていく二人ですが、チャリティは自分の過去をオスカーに打ち明けられません。

そして小さなうそをついてしまします・・・

果たしてチャリティーは今度こそ本当の愛を手にいれられるのでしょうか・・・

******

これがスウィート・チャリティのあらすじです。

明るくポジティブなチャリティーのキャラクターは知英にピッタリですね。

知英は「元気で明るい私なりのチャリティーをお届けできるよう頑張りたい」とコメントしています。

いずれは世界で活躍したいという知英です。

日本語のみならず英語も堪能だそうですからハリウッドでの活躍も夢ではないかもしれません。

このミュージカルがそんな彼女の夢を叶える第一歩となるかもしれませんね。

秋の公演が今から楽しみです。
(上島雪夫氏が演出・振付を担当、他の出演者は後日発表されます。)

最後までお読み頂いてありがとうございました。

Sponsored Link

このページの先頭へ