豆まきの落花生はピーナッツアレルギーの子供に危険!

2月3日は節分です。

例年、各地の豆まき風景がテレビのニュースでとりあげられますが、今年もご家庭や幼稚園・保育園、イベント会場など様々な場所で豆まきが行われることでしょう。

さてここで一つ気をつけなければならないことがあります。

それはピーナツアレルギーの子供にとって落花生の豆まきが非常に危険であるという事です。

豆の種類は大豆?ピーナッツ?

元来、節分の豆まきには炒り大豆が使われてきました。

古来より、日本では大豆には穀霊が宿るとされ、悪霊を払う力があると信じられていました。その昔、京都鞍馬山に鬼が出たときには大豆を目に投げつけて退治したという伝説もあります。

その為、今でも豆まきは大豆が主流ですが、関東から北の地方には落花生を豆まきに使う風習もあります。

しかし最近では、落花生の方が片付けやすい、殻がついているので大豆より衛生的という理由で豆まきに落花生を使う幼稚園や保育園もあるようです。

豆まきに落花生が危険な理由

近年アレルギーを持つ子供が増えていますが、ピーナッツに対するアレルギー(ピーナッツアレルギー)を持つ子供にとって節分の落花生まきほど危険なものはありません。

中のピーナッツを食べなければよいのでは、と思うかもしれませんがそれほど生易しいものではないのです。

ピーナッツアレルギーは空気中に漂う落花生の殻の粉にさえ反応を起こします。

撒いてつぶれた落花生の粉が、あたりを漂っているだけで症状がでることもあるため、ピーナッツアレルギーのあるお子さんは豆まきは見ているだけでも、そのような場所にいるのは避けた方が賢明です。

豆まき当日は幼稚園を休ませたが、翌日登園させたらひどいアレルギー症状が出てしまったいう事例もあります。

じんましんや目の腫れ、喘息だけでなく、ナフィラキシーを起こす危険性があります。

アナフィラキシーは即時型アレルギーの症状が複数の臓器にみられる病態で、急激に全身の血管の拡張を来すとショックになり、時には死に至ることもあります。http://medical.yahoo.co.jp/katei/240217000/

このように何でもない人には何でもない食品が、アレルギーを持っている子供にとっては命取りにもなりうるのです。

私の住んでいたアメリカでは学校にランチの他にスナックなどお菓子をもっていくのが当たり前でしたが、ピーナッツだけは禁止されていました。

ピーナッツは重症のアナフィラキシーを起こしやすいものとして注意が払われていたからです。

ご自分のお子さんがピーナッツアレルギーのお母様は非常に気をつけていらっしゃるはずですが、思わぬ事故を防ぐためにも、幼稚園や保育園、そして公共施設などの豆まきで落花生を使っている場合、大豆の小袋入りに変更する等、検討してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

このページの先頭へ