アド街でも紹介【まるごとにっぽん】は外国人も楽しめる浅草の新名所!

1/30放送の『アド街ック天国』(テレビ東京)でも紹介された「まるごとにっぽん」は毎日が物産展!

2015年12月に浅草にOPENしたばかりの「まるごとにっぽん」は日本の魅力をまるごと体験できると評判の浅草の新名所です。

「まるごとにっぽん」ってどんなところ?
「まるごとにっぽん」の楽しみ方は?

その魅力をお伝えします。
 

Sponsored Link

 

まるごとにっぽんとは

浅草で日本の魅力が体験できる商業施設として2015年12月17日にOPENしました。

全国から集まった約20市町村、50店舗により浅草にいながら地方の魅力を『見て』『食べて』『持ち帰る』体験ができると日本人はもちろん外国人も楽しめるスポットとして注目を集めています。

経営は「株式会社まるごとにっぽん」です。
株式会社東京楽天地の浅草再開発プロジェクトにより誕生した会社です。

東京楽天地浅草ビルの1F~4Fが「まるごとにっぽん」になっています。

社長の小笠原氏は1年半かけて日本各地を実際に回り、そのリサーチを活かして構想をねってきたそうです。
浅草の再開発とともに「地域振興の拠点となる」が運営理念です。

まるごとにっぽんへのアクセス

住所:〒111-0032 東京都台東区浅草2-6-7
地図はこちら

つくばエクスプレス「浅草」駅から徒歩1分
東武スカイツリーライン「浅草」駅から徒歩7分
東京メトロ銀座線「浅草」駅から徒歩8分
都営浅草線「浅草」駅から徒歩8分

まるごとにっぽんの楽しみ方

◆1F にっぽん食市場

地方色豊かな全23店、見て楽しい、味わって楽しいと好評です。

越前若狭丸では立食い寿司や熱々の浜焼きも楽しめます。
黒毛和牛 本丸では自慢の素材をその場でいただけるコーナーもあります。

その他にも全国各地の旬野菜や果物・地方名産のスイーツ・はちみつ・梅干し・おにぎり・カレーパン・きりたんぽ・かまぼこetc…

全国の物産展を一度に味わえてしまいます^^

◆2F くらしの道具街

地方ならではの伝統技術が息づく生活用品に出会えます。

萩の伝統工芸・福島会津のテーブルウェア・多治見の陶器・倉敷のはきもの・別府温泉ののスキンケア商品・築地市場の料理道具・岡山の帽子etc…

お土産にもきっと喜ばれる逸品がみつかることでしょう。

◆3F たいけん広場

ふるさと納税の相談ができる、[ふるさと納税コンシェルジュ]や全国市町村のまだ知られていない商品の展示販売を行っている市町村のPRスペース[イベントスペースおすすめふるさと]などがあります。

そして私の一押しが!!!!

 Cooking studioおいしいのつくりかたコーナーです。

料理教室「おいしいのつくりかた」では、全国各地の郷土料理や季節の料理を紹介しています。

(ちなみに私は料理教室の回し者ではありませんよ^^)

地域の素材や調味料をあつかった郷土料理を体験レッスンや単発レッスンで気軽に楽しめるというのが魅力です。

毎月いろいろな体験レッスンが企画されていますが、1月は「恵方巻き手作り体験」「 花びらもち作り」「ジャム・コンポート作り」などが行われました。

来月も「恵方巻き手作り体験」1本¥2160(税込)をはじめ色々と企画されているようです。

外国の方にも料理を作るという体験を通して日本の文化を知ることができると大好評です。

外国人向けに英語による体験レッスンも開かれていますので、日本に来た外国人のお友達を連れて一緒に受講するのも喜ばれますよ。

詳しくは直接お問い合せください。電話番号:03-3842-1601

◆4F ふるさと食堂街

下町風景と地方のごちそうが味わえます。

京都亀八の京もつ鍋・広島のお好み焼き・マクロビイタリアン・海鮮丼・黒毛和牛のレストランetc…

心ゆくまでお味を堪能してください^^

 

まとめ

今回は浅草の新名所「まるごとにっぽん」をご紹介させていただきましたが、浅草は古き良き伝統が息づいた素敵な街です。

機会があればぜひ訪れてみてくださいませ。

関連記事:【アド街】埼玉川越の卵サンドとさつま芋スイーツは絶品グルメ!

Sponsored Link

このページの先頭へ