窓や風呂の鏡をきれいに拭くプロの方法!湿り拭きでお掃除はこんなに簡単!

4月2日『王様のブランチ』(TBSテレビ)では羽田空港のカリスマ清掃員・新津春子さんが教えるプロのお掃除技がを紹介されました。

今回は番組で紹介された

窓をきれいに拭く簡単な方法
厄介な浴室の鏡の水垢を取る方法

この2つのお掃除技をお伝えします。

Sponsored Link

窓の掃除は湿り拭きで!

窓を拭く時、水で濡らした雑巾で拭くと線が残ってしまいますよね。
せっかくお掃除したのに乾いてみると、線がそのまま残って残念な結果に・・・

その為、水拭きのあと乾拭き(からぶき)をしている方も多いと思います。

でも新津さんのおススメは

湿り拭きです。

これだと簡単でしかもきれいな仕上がりに!

湿り拭きの方法
タオルを2枚用意します。

  1. しぼった濡れタオルに乾いたタオルを重ねる
  2.  2枚一緒にクルクルと巻く
  3.  しっかり絞って水分を馴じませる

これで2枚のお掃除タオルが完成です。

湿り拭きで拭くと水跡が一瞬で消え、2度拭きは不要になります。
湿っているのでホコリもキャッチできるというプロのおススメ技です。

しかも湿り拭きは窓の掃除だけでなく
家中、あらゆる場所に万能だそうですよ。

ほんのり湿った2枚のタオルでスイスイどこでもお掃除できちゃいそうですね。
拭くのが楽しくなりそうです♪

◆私も実際にやってみました◆
あれ!?
湿り拭きでやってみたのに窓に線が残ってしまいました。

(最初に水で濡らしたタオルの絞り方が十分ではなく、2枚とも水分が多くなってしまったのが原因だと思います)

そしてもう一度別の2枚を使ってトライ!
今度は濡らしたタオルを最初にかた~く、しっかり絞ってから2枚を重ね、さらにしっかり絞りました。

すると・・・
やった!成功です!

湿り拭きは水分が多すぎるとダメみたいですね。

浴室の鏡の水垢をとる方法

Sponsored Link

お風呂の鏡は水垢のような白いものがついて
拭いても擦っても取れない・・・

こんな悩みはありませんか。

新津さんのおススメはダイヤモンドクリーナーです。

sponge-cleaner

お風呂の頑固な水垢もスイスイ落ちて一発解消するのだとか。

以前は業務用しか販売されていませんでしたが、今では100円ショップでも簡単に手に入れることができます。

使い方
研磨面(黒く模様の入っている方)を濡らして軽くこすります。
この時、中性洗剤を使うと滑りがよいそうです。

(注意)
※大理石や金属部分に使用しないでください。
※目立たない部分で試してからご使用ください。キズがつく場合もあります。

こちらはダイヤモンドクリーナーを手に入れ次第、感想をレポートしますね。

以上、お掃除に役立てたいプロの技のご紹介でした。
皆さんも是非お試しください。


4/5追記

ダイヤモンドクリーナーを100円ショップのキャンドゥで見つけ、早速試してみました。
これは本当に凄いです!
結構力を入れて擦りましたが、激落ち君でも炭酸ソーダ水クリーナーでも落ちなかった浴室の鏡の頑固な水垢がきれいになりました!
汚れが頑固すぎて、全面をきれいにするのに2個使いました。

Sponsored Link

このページの先頭へ