林修の今でしょ!生乾きの臭いを防ぐ洗濯物の干し方や食べこぼしのシミの抜き方は?

5月31日放送の『林修の今でしょ!講座』(テレビ朝日)では梅雨に嬉しいプロの洗濯術が公開されました。

講師は洗濯のスペシャリスト、洗濯王子こと中村祐一さんです。
番組で教えてくれた家庭でもできる驚きの洗濯術をご紹介します。

Sponsored Link

Yシャツの襟の黒ずみの取り方

台所の食器用洗剤で落とします。
Yシャツの襟の汚れは皮脂に空気中の細かい汚れが付着したものです。
皮脂を落とすには油に強い食器用洗剤を使えばよいのです。

  1. 食器用洗剤を襟につけて歯ブラシで約2分こする
  2. 水で洗い流す(この段階でほとんど落ちる)
  3. 漂白剤をつけて洗う
  4. 洗濯機で洗う

食器用洗剤を洗濯機に入れてしまうと泡がたちすぎ、逆に洗浄力を落としてしまいますのでNGです。

色落ち・色移りを防ぐには

別に洗う、クリーニングに出す他にこのようなやり方がありました!

色落ちしやすい素材は天然素材(綿・麻・ウール・シルク)です。
色落ちさせにくくするにはを使います。

水は溶かせる量が決まっているので塩を先に入れると、他のものがそれ以上溶けにくくなるため、色素が水に溶けないからです。

色落ちを防ぐには水1Lに対し塩大さじ1杯を入れる!

生乾きの臭い対策

生乾きのあの嫌な臭いは、湿った洗濯物の中で増殖した雑菌の臭いです。
雑菌が増殖する前に乾かすのが一番ですが、梅雨の時期はそうもいかず・・・
少しでも早く乾かすのが最大のポイントです。

その対策として部屋干しの洗濯物の下に新聞紙をひきます。
同じ条件下で新聞紙ありとなしで比較実験すると、たったの1時間で新聞紙ありの洗濯物は、水分が270g多く減少していました。

新聞紙の代わりに乾いたタオルを一緒に干すのも効果があります。

またアーチ状に干すことで空気の通りをよくするのも大切です。

部屋干しの洗濯物はアーチ干しにし、下にクシャクシャにした新聞紙を広げる!

泥汚れの落とし方

泥汚れは洗剤や漂白剤では分解できない汚れです。
泥汚れは乾燥が一番です。

  1. ドライヤーで乾かす(必ず冷風で)
  2. 乾いた泥をはたいて落とす
  3. 粉末洗剤で洗う

泥汚れは洗剤を使う前にドライヤー冷風で乾かす!

大物洗濯物の乾かし方

シーツやバスタオルなど大きな洗濯物を早く乾かすには平行に干さない方が早く乾きます。
少し斜めにずらし下の部分を三角にして、広げて干します。

頂点を作ることによって水が集まりやすく、また空気にふれる面積も大きくなります。

大きな洗濯物は三角干しにする!

食べこぼしのシミの取り方

Sponsored Link

食べこぼしのシミはYシャツの皮脂よりも、さらに強力な油汚れです。
さらに一手間かけて落とします。
アイロンの蒸気をかけて油を柔らかくし、漂白剤の効き目を高めます。

  1. 食器用洗剤をつけて歯ブラシの背でこする
  2. 水で洗う
  3. 酸素系漂白剤をつける
  4. スチームで蒸気をあてる
  5. こすり洗いをする

直接熱いお湯をかけると漂白剤が固まるのでNGです。

食べこぼしのシミはアイロンのスチームを使う!

ボールペン汚れの取り方

消毒用のアルコールジェルを使います。

  1. 衣類の裏側からアルコールをつける
  2. 下に古いタオルをひき、歯ブラシの先端でトントン叩く
  3. ぬるま湯で流す

この工程をなんどか繰り返します。

縮んだ衣類を元に戻す方法

プロは縮んだ衣類を髪用トリートメントで戻します。

  1. 洗面器に約40℃のお湯をはる
  2. 人差し指の先ほどのトリートメントをお湯に溶かす
  3. 縮んだ衣類を約1分浸す
  4. 手でよく伸ばす
  5. 脱水する
  6. 平干しする

すすぎはトリートメントが抜けるのでしません。
ですから少量のトリートメントを使います。

縮んだ衣類はトリートメントで元に戻す!

以上、『林修の今でしょ!講座』よりプロの洗濯術をお伝えしました。
さすがプロです。どれもお見事ですね。
皆様もぜひお試しください。

関連記事:
しみ抜き名人・横倉氏のスゴ技!魔法水なら家庭でも!

Sponsored Link

このページの先頭へ