原監督の青学陸上部はトレーニングで腕立てと腹筋はしない!長距離はこれでタイムが上がる!

4月3日放送の『林先生が驚く初耳学!』(TBSテレビ)に箱根駅伝を連覇した青山学院大学陸上部の原晋監督が登場しました。


青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング & ストレッチ / 原晋 【単行本】

先の東京マラソンでは青学陸上部から参加した下田裕太選手が日本人2位、一色恭志選手が日本人3位となるなど、その科学的根拠に基づいた学生の才能を開花させる指導が注目を浴びています。

そんな原監督の指導の中に、ちょっと意外な事実がありました。

下田選手が「今回の成績はこれのお蔭」
とも言う常識を覆すトレーニングとは・・・

Sponsored Link

青学陸上部は腕立てと腹筋はしない

箱根を連覇した青学陸上部は意外にも腕立てと腹筋はしないというのです。

ここ2年ほど取り組み、着実に結果につながっています。

陸上選手は6つに割れた腹筋のイメージがありますが
長距離選手に腹筋は必要ないそうです。

原監督曰く
「いかに腹筋を抜くかが重要」
なのだそうです。

青学陸上部は腹筋と腕立てを止めたからこそ、連覇も達成できたのです。

青学陸上部が腕立てと腹筋をしない理由

Sponsored Link

長距離に必要なのは足の運び腕の振りです。
その2つが効率よくできるために無駄な筋肉をつけてはいけないというわけです。

腕立てをしない理由

腕立てをすると肩の周り筋肉をつけてしまいます。
そうすると腕の振りスムーズにいきません

サッカーやラグビーのように接触プレーの多いスポーツは、腕立てなどをして上半身にしっかり筋肉をつける必要がありますが、長距離選手には必要なかったのです。

まっすぐ進んで相手との接触もほとんどない長距離選手は腕立てなどで余分な筋肉をつけない方がよいのだそうです。

腹筋をしない理由

腹筋によって鍛えられるのは表層の腹直筋ですが
その腹直筋が肥大すると酸素を多く使う事になり、長距離走にはマイナスになるからです。

原監督は、腹直筋を抜く指導、力を抜きなさいという指導から始めたとおっしゃっていました。

入部した時はバキバキの人が多く、腹直筋を抜くところから始めるそうです。

事実スタジオに見学に来ていた下田選手、一色選手のお腹を見せてくれましたが、本当に抜けていました。

しかし、中学・高校の陸上部で腹筋をやらないところは無いのではないでしょうか。
この番組を見てビックリしている顧問の先生もいるかもしれないですね。

原監督が腹筋をやめたのはここ2年ほどということですが、一色選手(3年)が入部した時はまだ腹筋をやっていたそうです。

途中で180度違う事をやり始めた時は、これで大丈夫かと思ったそうですが
「タイムに直結しています」と笑顔で答えていました。

 

【まとめ】

振り返ってみると私自身も部活では、この筋トレの効果は何かなど考えもせず、せっせとメニューをこなしていた気がします。

原監督の理にかなったご指導はさすがです!

Sponsored Link

このページの先頭へ